architecture you can wear

 

projects watches の cross over を遂にお迎えしました。

 

 

ずっと読みづらい時計が欲しくて、

あまりにも自分の服と合わせられないのは

如何なものかと思い、crossoverのシルバーメッシュを。

比較的シンプル。

 

kazimir watchには随分惹かれましたが

汎用性がねぇ、、、 無念。

 

 

なにって、ふと腕時計を見た時にすぐ時間がわからない感覚が堪らない !

今こいつに、制限されてる!

って思うときゅんきゅんしてしまう。 

 

 

f:id:x-bagworm-x:20170612224148j:image

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

ピンク色の御月様

 

 

ファッションの再定義が許されるのであれば、

私はモードなんかクソ食らえって思っているし、

その人の持つ雰囲気とか哲学全部まとめて

ファッションって表してしまいたい。

 

そしたら、何が好きなの?ってきかれて

苦し紛れに「…読書。」って答える必要もないし、

ファッションが好きって堂々と言える。

 

そんな無駄な事を考えながら、

居酒屋に忘れた携帯を取りに戻りました。

※要はただの酔っ払い

 

 

今月も、wine night 〜満月の夜に〜の任務無事遂行。

(タイトルのやぼったさ)

今晩のストロベリームーンは、年に一度しか見れなくて、夢を叶えてくれるらしいですよ。

ピンク色の満月、とても綺麗でしたね。

 

f:id:x-bagworm-x:20170612092611j:image 

 

 

 

 

広告を非表示にする

matsuri session

 

行って来ました。matsuri session。

 

zazen boys主催の野外ライブで、

初めてzazenを生で拝んできんだけど、

いやぁ、猛烈に格好良い。

あんなに格好良いふざけたおじさん達いない。

 

黒ラベル飲みながら

(私が1番好きなビールも黒ラベル

あんだけ潔く演奏出来るんだから、

おじさんの持つ説得力は凄い。

 

この世で1番最高なラブソングだと私が思っている

『kimochi』も聴けたし、歌えたし

 

「乾杯!」って言ってビール飲みながら帰っていった向井さんには、やっぱり今でも痺れます。

 

 

広告を非表示にする